確定申告書の英語翻訳の見本(サンプル)・例

確定申告書の英訳の見本・例を下記に掲載しておりますので、ご自身で確定申告の英語翻訳文書を作成される方は参考にして下さい。
尚、当ページに掲載している翻訳の情報の正確性については万全を期してはいますが、翻訳の内容について保証するものではありませんのでご了承ください。

アポスティーユ申請代行センターでは確定申告書の翻訳、アポスティーユ、駐日大使館領事認証の申請代行を承っております。

確定申告書の翻訳はExcel、Wordでレイアウトも再現させていただき最短1営業日、10000円+税でご対応させていただきます。時間を無駄にしたくないという方はぜひ下記のフォームよりご依頼ください。

日本語 確定申告 (1)
英語 確定申告 (1) (1) (2)-2

下部の英語翻訳見本に[1]~[39]の番号を記載されています。記入例を挙げながら番号順に説明していきます。

[1]Fiscal 2014 Income Tax and surtaxes for Reconstruction Funding Final Return Form B

こちらは「非課税(所得)証明書」の英語表記になります。

[2]Address
こちらは「住所」の英語表記になります。記載の方法は市区町村、都道府県の順番です。

[3]Station office Residence,etc
こちらは「station」(事業所)「Office」(事務所)「Residence」(住居)の英語表記になります。

[4]Date of birth
こちらは「こちらは平成27年1月1日の住所」の英語表記になります。記載の方法は市区町村、都道府県の順番です。

[5]Indication of Special Agricultural Income
こちらは「特農」の英語表記になります。

[6]Occupation
こちらは「職業」の英語表記になります。

[7]Not Required Next Year
こちらは「来年以降送付不要」の英語表記になります。

[8]Business
こちらは「事業」の英語表記になります。

[9]Real Estate
こちらは「不動産」の英語表記になります。

[10]Dividende
こちらは「配当」の英語表記になります。

[11]Public Pensions
こちらは「公的年金等」の英語表記になります。

[12]Misc.Income
こちらは「雑」の英語表記になりまうす。

[13]Occasional Income
こちらは「特定扶養親族」の英語表記になります。

[14]One -off Payments
こちらは「一時」の英語表記になります。「老人扶養親族」のうち「内同居」している人数を記載します。

[15]Business,etc
こちらは「事業等」の英語表記になります。

[16]Agricultural Income
こちらは「農業」の英語表記になります。

[17]Interest
こちらは「利子」の英語表記になります。

[18]Employment Income
こちらは「給与」の英語表記になります。

[19]occasional-one-off[I+(J+K)×1/2]

こちらは「総合譲渡・一時ケ+{(コ+サ)×1/2}」の英語表記になります。

[20]Casualty Losses
こちらは「雑損控除」の英語表記になります。

[21]Social Insurance Deduction

こちらは、「社会保険料控除」の英語表記になります。

[22]Taxpayer
こちらは「本人該当」の英語表記になります

[23]Donation Deduction
こちらは「寄付金控除」の英語表記となります。

[24]Student and Disable Deduction

こちらは「勤労学生、障害者控除」の英語表記になります。

[25]Dependents Deduction
こちらは「扶養控除」の英語表記になります。

[26]Taxable Income(9-25) or page 3

こちらは「生年月日」の英語表記になります。日付けの書き方は日、月、生年月日の順番です。

[27]Credit of Dividends
こちらは「配当控除」の英語表記になります。

[28](Dwellings etc)Special Credit for Loans
こちらは「(特定増築等)住宅借入金等特別控除」の英語表記になります。

[29]Anti-earthquake,Improvement,Newly-built,etc.
こちらは「地震耐震特別控除、住宅特定改修・認定住宅、新築等特別税額控除」の英語表記になります。

[30]Officially Proclaimed Natural Disasters
こちらは「災害減免額」の英語表記になります。

[31]Surtaxes for Reconstruction Funding (40×2.1%)
こちらは「復興特別所得税額(40×2.1%)」の英語表記になります。

[32]Foreign Tax
こちらは「外国税額控除」の英語表記になります。

[33]Income Tax & Surtaxes for Reconstruction
こちらは「所得税及び復興特別所得税の申告納税額」の英語表記になります。

[34] Third Installment Tax
こちらは「所得税及び復興特別所得税の第三期分の税額」の英語表記になります。

[35]Deduction for Salaries of Family Employees
こちらは「専従配偶者(控除)額の合計」の英語表記になります。

[36]Withholding Tax for Misc, and Occasional Income
こちらは「雑所得・一時所得等の所得税及び復興所得税の現徴収税額の合計額」の英語表記になります。

[37]Losses to deduct this year
こちらは「本年度で差し引く繰越損失額」の英語表記になります。

[38]Fluctuating and Extraordinary Income
こちらは「変動・臨時所得金額」の英語表記になります。

[39]Postponement of Tax Payment

こちらは「延納届出額」の英語表記になります。

[40]REFUND
こちらは「外国税額控除」の英語表記になります。

[41]Post Office etc.
こちらは「郵便局名 等」の英語表記になります。

[42]Account No.
こちらは「講座番号 記号番号」の英語表記になります。

[43]Bank Fin.Inst・Association Farmer’s・Fishing Co-op
こちらは「銀行 金庫・組合 農協・漁協」の英語表記になります。

[44]「HQ Branch Office」
こちらは「本店・支店 出張所 本所・支所」の英語表記になります。

[45]○If you want confirmation of receipt of your return, we will stamp it with the date received so please request this when you submit the form.
(This does not mean that we have accepted your return as complete and correct.)
※If you need certification for amount of income please use the certificate of tax payment.
○If you are submitting this form, there is no need to submit inhabitant tax and business tax forms.

こちらは「⚪︎収受事実を確認されたい方は、収受日付印を押なつしますので、申告書提出時に請求してください。
(内容を証明するものではありません。)      
※ 所得金額の証明が必要な方は、納税証明書をご利用ください。     
⚪︎この申告を提出される方は、住民票・事業税の申告書を提出する必要がありません。」の英語表記になります。

[46]Fluctuating and Extraordinary Income
こちらは「Accountant」(税理士)「Signature」(署名押印)「Phone Number」(電話番号)の英語表記になります。

[47]Submission of Document Based on Article 30 of Certified Public Tax
こちらは「税理士法第30条の書面提出有」の英語表記になります。

[48]Submission of Document Based on Article 33-2 of Certified Public Tax Accountant Act
こちらは「税理士法第33条の2の書面提出有」の英語表記になります。

確定申告書の英語翻訳・アポスティーユ・駐日大使館の領事認証の申請に関するお問い合わせは今すぐお気軽に

行政書士の登録証
J-star行政書士事務所の代表、大谷寛の行政書士の登録証を掲載しています。行政書士は、行政書士法により、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類の作成、提出等の手続きの代理を業とする事が出来ると定められています。

行政書士又は行政書士法人ではないものが、報酬を得て公証役場や外務省での書類の認証の手続きを行うと行政書士法第21条の違反に問われ、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象になります。


  • お問い合わせを頂いた時点で費用が発生する事はありません。
  • しつこい電話営業は一切いたしませんので、ご安心下さい。
  • お問い合わせしても、必ずしもご依頼いただく必要はございません。
  • お問い合わせ頂いた後、1営業日以内に返信いたします。
  • 行政書士は行政書士法により守秘義務が課せられています。

お名前(必須)

例)大谷寛

メールアドレス(必須)

例)○○○@certification.jp

※メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

確認用メールアドレス(必須)

例)○○○@certification.jp

※メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

電話番号(携帯も可)(任意)

例)050-5532-9996

所在地・住所(任意)

※書類のご返送先の住所をご記載ください。

お問い合わせ内容(必須)



※書類の提出先の国名、団体・機関・企業名、利用目的、認証を取得する書類名、書類の通数は必ずご記載ください。



公文書の英語翻訳(英訳)の見本・例

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

このページの先頭へ