登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の英語翻訳の見本(サンプル)・例

登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の英訳の見本・例を下記に掲載しておりますので、ご自身で登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の英語翻訳文書を作成される方は参考にして下さい。

尚、当ページに掲載している翻訳の情報の正確性については万全を期してはいますが、翻訳の内容について保証するものではありませんのでご了承ください。

アポスティーユ申請代行センターでは登記簿謄本(登記事項証明書)の翻訳、アポスティーユ、駐日大使館領事認証の申請代行を承っております。

登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の翻訳はExcel、Wordでレイアウトも再現させていただき2~3営業日でご対応させていただきます。時間を無駄にしたくないという方はぜひ下記のフォームよりご依頼ください。

登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の英語翻訳・英訳・英文の見本(サンプル)・例

下部の英語翻訳見本に[1]~[17]の番号を記載してます。記入例を挙げながら番号順に説明していきます。
英語翻訳見本 登記簿

[1] ○○ ○○ Tokyo
こちらに会社の住所を記載してください。記載の方法はパスポートと同じです。市区町村、都道府県の順番です。

[2] ○○Corporation
こちらに会社名を記載してください。なお、株式会社の記載方法は○○Corporation(省略形はCorp)の他に○○Co., Ltd.(有限会社の場合)または○○Ltd.、○○Inc.(どのような会社にも当てはまる)があります。

[3] Corporate name
こちらには「商号(会社名)」の英語表記です。なお、商号(会社名)を表す英語はこの他にfirm name,name of corporationなどもあります。

[4] Head office
こちらには「本店(本社)」の英語表記です。こちらには住所を記載して下さい。なお、本店(本社)を表す英語はheadquartersなどもあります。

[5] To be noticed through official gazettes
こちらは「官報に掲載して行う」の英語表記です。なお、別の記載例は次のようにできます。
The method of public notices by the Company shall be electronic public notices. (「電子官報で公告を行う」)

[6] Date of incorporation
こちらは「会社設立の年月日」の英語表記です。なお別の表記はDate of company establishmentなどです。

[7] January 1, 2013
こちらは年月日の具体例です。なお、表記方法は月、日、西暦または日、月、西暦でお願いします。

[8] Business purposes
こちらは「目的」の英語表記です。なお、各会社によって目的は異なるため具体例は記載しておりません。

[9] Total number of authorized shares
こちらは「発行可能株式総数」の英語表記です。別の表記はTotal number of shares authorized to be issuedなどです。

[10] Total number and class of issued shares
こちらは「発行済み株式総数並びに種類及び数」の英語表記です。別の表記はTotal number of Out-standing shares,and their classes and numbersなどです。

[11] Provision regarding restriction on share transfer
こちらは「株式の譲渡に関する規定」の英語表記です。別の表記はRule about the transfer of sharesなどです。

[12] Items regarding directors
こちらは「役員に関する事項」の英語表記です。別の表記はMatters related to the directorsなどです。

[13] Directors TARO TANAKA
こちらは役員について記載します。なお、「代表取締役」はRepresentative Director、「監査役」はCorporate Auditor、「会計監査」はAccounting Auditorです。

[14] Items related to registration records
こちらは「登記記録に関する事項」の英語表記です。

[15] Establishment
こちらは登記記録に関する事項の「設立」の英語表記です。なお、「本部の移転」はThe headquarters was relocated from ○○ to ××.(○○は移転前の場所、××は移転後の場所を入れてください。)などです。

[16] Register of deeds
こちらは「登記官」の英語表記です。別の表記はRegistrar、Recorderなどです。

[17] ××
こちらは翻訳を行った方のお名前を記載してください。

登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の英語翻訳・アポスティーユ・駐日大使館の領事認証の申請に関するお問い合わせは今すぐお気軽に

行政書士の登録証
J-star行政書士事務所の代表、大谷寛の行政書士の登録証を掲載しています。行政書士は、行政書士法により、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類の作成、提出等の手続きの代理を業とする事が出来ると定められています。

行政書士又は行政書士法人ではないものが、報酬を得て公証役場や外務省での書類の認証の手続きを行うと行政書士法第21条の違反に問われ、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象になります。


  • お問い合わせを頂いた時点で費用が発生する事はありません。
  • しつこい電話営業は一切いたしませんので、ご安心下さい。
  • お問い合わせしても、必ずしもご依頼いただく必要はございません。
  • お問い合わせ頂いた後、1営業日以内に返信いたします。
  • 行政書士は行政書士法により守秘義務が課せられています。

お名前(必須)

例)大谷寛

メールアドレス(必須)

例)○○○@certification.jp

※メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

確認用メールアドレス(必須)

例)○○○@certification.jp

※メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

電話番号(携帯も可)(任意)

例)050-5532-9996

所在地・住所(任意)

※書類のご返送先の住所をご記載ください。

お問い合わせ内容(必須)



※書類の提出先の国名、団体・機関・企業名、利用目的、認証を取得する書類名、書類の通数は必ずご記載ください。



公文書の英語翻訳(英訳)の見本・例

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

このページの先頭へ