登記簿謄本(履歴事項全部証明書)を英訳した文書に公証役場で認証、外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する事は出来ますか?


登記簿謄本(履歴事項全部証明書)を英訳した文書(参照:登記簿謄本の英語翻訳の見本・例)に公証役場で認証、外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する事は出来ます。

まず、登記簿謄本を英訳すると私文書として取り扱われます。
私文書の場合は下記のような手続きの流れになります。

1.登記官所属法務局で登記簿謄本を取得

2.公証役場で認証を取得
※公証役場で外国語文書の認証をする場合は認証費用11,500円
※郵送申請は出来ません。

3.外務省の公印確認を取得
※外務省の公印確認、アポスティーユ申請費用は無料
※窓口申請の場合は翌日、郵送申請の場合は10日から2週間で受け取りが可能です。

4.駐日大使館で領事認証を取得
※駐日大使館の領事認証費用は国によって異なります。
※郵送申請の実施については国によって異なります。

なお、東京、神奈川、大阪の公証役場で認証を取得する場合は外務省公印確認、アポスティーユをその場で受け取ることが可能なワンストップサービスが実施されています。

ハーグ条約締約国一覧は外務省HPで確認することができます。

急いでアポスティーユ、領事認証を取得する必要がある方、外務省、駐日大使館から遠方にお住まいでご自身で申請に行くことが困難な方、お仕事などで平日にまとまった時間を割くことが困難な方または法人様など、お気軽に「アポスティーユ申請代行センター」までお申し付けください。
1営業日以内にご連絡させていただきます。

 

無料相談

  • ・ お問い合わせを頂いた時点で費用が発生する事はありません。
  • ・ しつこい電話営業は一切いたしませんので、ご安心下さい。
  • ・ お問い合わせしても、必ずしもご依頼いただく必要はございません。
  • ・ お問い合わせ頂いた後、1営業日以内に返信いたします。
  • ・ 行政書士は行政書士法により守秘義務が課せられています。