中国大使館領事部の認証とは何ですか?


日本の公文書(官公署が発行する書類)を中国の公的機関が受け取る際、中国国内ではその公文書が本物かどうかを確かめることができません。

そこで、日本の公文書が真正であることを中国大使館領事部が証明することを中国大使館領事部の認証と言います。

認証には、その公文書が真正であることの証明も要求されます。

しかし、日本の公文書の種類は膨大であり、そのすべてを中国大使館領事部(領事館)が直接認証することは困難です。そこで、まず、日本の外務省で公文書が本物であることを証明し、次に中国大使館(領事館)が外務省による証明を認証するという手順をとっています。

外務省には、「公印確認」という制度があり、この制度は、日本の公文書が真正であることを証明するというものです。また、公文書が真正かどうかは、その公文書に押された公印が本物かどうかで判断します。その結果、公印が本物なら、外務省はその公文書が真正であると証明します。

外務省の公印確認により当該公文書が真正であると判断されると、中国大使館領事部が認証することになります。