ハーグ条約に加盟している国々の政府・企業・団体に公文書・私文書を提出する場合、外務省でそれらの文書にアポスティーユを取得するだけでいいはずですが、英語圏ではない下記の国々では提出先によっては駐日大使館または法定翻訳士による翻訳認証を求められる場合があります。

アポスティーユ申請代行センターではハーグ条約加盟国の国々の政府・企業・団体に公文書・私文書を提出しようと考えている企業・個人の方向けの下記の国々の駐日大使館での翻訳認証の申請代行も行っております。


▶ 駐日大使館領事認証の対応可能な国はこちら
▶ アポスティーユ申請代行の対応可能な国はこちら

無料相談

  • ・ お問い合わせを頂いた時点で費用が発生する事はありません。
  • ・ しつこい電話営業は一切いたしませんので、ご安心下さい。
  • ・ お問い合わせしても、必ずしもご依頼いただく必要はございません。
  • ・ お問い合わせ頂いた後、1営業日以内に返信いたします。
  • ・ 行政書士は行政書士法により守秘義務が課せられています。