フランス共和国はハーグ条約に加盟している国ですので、フランス国内の企業、団体から日本政府が発行する公文書や公文書の翻訳文書の提出を求められた際は、駐日フランス大使館で領事認証を取得する必要はなく、外務省のアポスティーユを取得する必要があります。

フランスの場合は提出先からフランス大使館指定翻訳会社(法定翻訳者)による翻訳をもとめられることがあります。この場合、日本語の文書にアポスティーユを取得した後に、法定翻訳者に翻訳を依頼する必要があります。またフランス大使館指定の翻訳会社がフランス語へ翻訳をした場合、大使館で認証を受ける必要はありませんので注意が必要です。

アポスティーユ申請代行センターではフランス国内へ提出する為の文書のアポスティーユの申請代行、提携するフランス大使館指定翻訳会社での翻訳、海外にお住いの方向けには文書の海外への発送までワンストップで対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

海外渡航前、進出前の貴重な時間を無駄にされたくないという方は是非下記のフォームもしくは電話でのご連絡をお待ちしております。

 

公文書のアポスティーユの取得・法定翻訳士の翻訳認証の申請を
ご依頼頂いた場合の費用・手数料

アポスティーユの取得から
翻訳認証まで丸ごとお任せ!
申請代行の弊所手数料は15,000円(税別)

■ 詳しい費用の内訳

文書の種類 外務省手数料 翻訳認証手数料 弊所手数料 合計
公文書 公証役場手数料0円 弊所認証手数料 弊所手数料15,000円 合計15,000円
+翻訳認証手数料 (税別)
  • ※送料は実費を別途ご負担いただきます。海外発送も承っております。 
  • ※翻訳認証手数料は文書によって大きく異なります。ご依頼される方は翻訳認証必要書類をスキャニングして弊所にお送りください。
  • アポスティーユの申請費用はこちらからご覧ください。

私文書のアポスティーユの取得・法定翻訳士の翻訳認証の申請を
ご依頼頂いた場合の費用・手数料

アポスティーユの取得から
翻訳認証まで丸ごとお任せ!
申請代行の弊所手数料は15,000円(税別)

■ 詳しい費用の内訳

文書の種類 公証役場手数料 翻訳認証手数料 弊所手数料 合計
私文書 公証役場手数料5,500円 弊所認証手数料 弊所手数料15,000円 合計20,500円
+翻訳認証手数料 (税別)
  • ※送料は実費を別途ご負担いただきます。海外発送も承っております。 
  • ※翻訳認証手数料は文書によって大きく異なります。ご依頼される方は翻訳認証必要書類をスキャニングして弊所にお送りください。
  • アポスティーユの申請費用はこちらからご覧ください。
 

無料相談

  • ・ お問い合わせを頂いた時点で費用が発生する事はありません。
  • ・ しつこい電話営業は一切いたしませんので、ご安心下さい。
  • ・ お問い合わせしても、必ずしもご依頼いただく必要はございません。
  • ・ お問い合わせ頂いた後、1営業日以内に返信いたします。
  • ・ 行政書士は行政書士法により守秘義務が課せられています。