ご自身でパスポートのコピー(写し)を公証役場で公証人の認証を取得する際に、パスポートのコピーに添付する英語の宣言書の記入例・書き方の見本・サンプルを掲載していますので、参考にして下さい。

行政書士などの代理人に依頼をする場合の宣言書は内容が変わってきますので、お問い合わせください。

declaration letter for certificate of passport copy

左の英語で書かれた宣言書に1~3の番号を記載しています。。記入例を挙げながら番号順に説明していきます。

【1】名前 Name
こちらはパスポートの所有者の名前を英語で記入してください。
(例)Taro Tanaka

【2】申請月日 Date
こちらには申請される日付をご記入ください。
(例)1 January 2015

【3】署名 Signature
こちらには申請される方の署名をご記入ください。必ず、自筆でお願いします。
(例)Taro Yamada
ご自身でパスポートのコピーに添付する宣言書の翻訳が難しい方は、弊所までご相談下さい。

無料相談

  • ・ お問い合わせを頂いた時点で費用が発生する事はありません。
  • ・ しつこい電話営業は一切いたしませんので、ご安心下さい。
  • ・ お問い合わせしても、必ずしもご依頼いただく必要はございません。
  • ・ お問い合わせ頂いた後、1営業日以内に返信いたします。
  • ・ 行政書士は行政書士法により守秘義務が課せられています。