非課税(所得)証明書の英語翻訳の見本(サンプル)・例

非課税(所得)証明書の英訳の見本・例を下記に掲載しておりますので、ご自身で非課税(所得)証明書の英文翻訳書を作成される方は参考にして下さい。

尚、当ページに掲載している翻訳の情報の正確性については万全を期してはいますが、翻訳の内容について保証するものではありませんのでご了承ください。

アポスティーユ申請代行センターでは非課税(所得)証明書の翻訳、アポスティーユ、駐日大使館領事認証の申請代行を承っております。

非課税(所得)証明書の翻訳はExcel、Wordでレイアウトも再現させていただき最短1営業日、10000円+税でご対応させていただきます。時間を無駄にしたくないという方はぜひ下記のフォームよりご依頼ください。

非課税 日本語 イメージ2
非課税 英語 原本  (2) (1)

下部の英語翻訳見本に[1]~[39]の番号を記載しています。記入例を挙げながら番号順に説明していきます。

[1] Tax Exemption Certificate For Income
こちらは「非課税(所得)証明書」の英語表記になります。

[2]Fiscal year 2015(For 2014 Time Period)
こちらは平成27年度(平成26年分)の英語表記になります。

[3]Address
こちらは「現住所」の英語表記になります。記載の方法は市区町村、都道府県の順番です。

[4]Name
こちらは「氏名」の英語表記になります。

[5]Date of birth
こちらは「生年月日」の英語表記になります。日付けの書き方は日、月、生年月日の順番です。

[6]Income
こちらは「所得」の英語表記になります。

[7]Gross Income in 2014
こちらは「2014年分合計所得」の英語表記になります。

[8]below left Blank
こちらは「以下余白」の英語表記になります。

[9]Deduction
こちらは「控除」の英語表記になります。

[10]Gross Deduction
こちらは「合計控除」の英語表記になります。

[11]Basic Deduction
こちらは「基礎控除」の英語表記になります。

[12]Spouse Deduction
こちらは「配偶者控除」の英語表記になります。

[13]General
こちらは「一般の控除対象配偶者」の英語表記になります。

[14]Elderly
こちらは「老人控除対象配偶者」の英語表記になります。

[15]Dependent
こちらは「扶養親族該当」の英語表記になりまうす。

[16]Special
こちらは「特定扶養親族」の英語表記になります。

[17]Living Together
こちらは「内同居」の英語表記になります。「老人扶養親族」のうち「内同居」している人数を記載します。

[18]Elderly
こちらは「老人扶養親族」の英語表記になります。

[19]Under 16
こちらは「16歳未満の扶養親族」の英語表記になります。

[20]Other
こちらは「その他の扶養親族」の英語表記になります。

[21]Disabled Persons Deduction
こちらは「障害者控除」の英語表記になります。

[22]Living Together
こちらは「内同居」の英語表記になります。「障害者控除対象者」のうちの「特別障害者」のうち、「内同居」している人数を記載します。

[23]Special
こちらは「特別障害者」の英語表記になります。

[24]Other
こちらは、「その他の障害者」の英語表記になります。

[25]Taxpayer
こちらは「本人該当」の英語表記になります

[26]Disabled
こちらは「障害者」の英語表記になります。

[27]Elderly Widow,Working Student
こちらはElderly「老年者」、Widow、「寡婦(夫)」Working Student「勤労学生」の英語表記となります。

[34]Tax standard
こちらは「課税標準額」の英語表記になります。

[28]Income
こちらは「収入額」の英語表記になります。

[26]Salary
こちらは「生年月日」の英語表記になります。日付けの書き方は日、月、生年月日の順番です。

[30]Public Pension,etc.
こちらは「公的年金等収入額」の英語表記になります。

[31]Special Deduction
こちらは「特別控除額」の英語表記になります。

[32]Losses Carried Forward
こちらは「繰越損失額」の英語表記になります。

[33]Remarks
こちらは「基礎控除」の英語表記になります。

[34]Tax standard
こちらは「課税標準額」の英語表記になります。

[35]Tax Amount
こちらは「税額」の英語表記になります。

[36]2015 Tax Amount
こちらは「平成27年度税額」の英語表記になります。

[37]Breakdown
こちらは「内訳」の英語表記になります。

[38] Municipal Tax
こちらは「市民税」の英語表記になります。

[39]Prefectural Tax
こちらは「県民税」の英語表記になります。

[40]Income Amount
こちらは「均等割」の英語表記になります。

[41]Per Capita Rate
こちらは「所得割」の英語表記になります。

[42]The above information has been certified as accurate.
こちらは「上記のとおり相違ないことを証明します」の英語表記になります。

[43]A black official electronic signature has been provided as the certification mark for this certificate.
こちらは「この証明書の証明印は、黒色の電子公印を使用しています。」の英語表記になります。

非課税証明書の英語翻訳・アポスティーユ・駐日大使館の領事認証の申請に関するお問い合わせは今すぐお気軽に

行政書士の登録証
J-star行政書士事務所の代表、大谷寛の行政書士の登録証を掲載しています。行政書士は、行政書士法により、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類の作成、提出等の手続きの代理を業とする事が出来ると定められています。

行政書士又は行政書士法人ではないものが、報酬を得て公証役場や外務省での書類の認証の手続きを行うと行政書士法第21条の違反に問われ、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象になります。


  • お問い合わせを頂いた時点で費用が発生する事はありません。
  • しつこい電話営業は一切いたしませんので、ご安心下さい。
  • お問い合わせしても、必ずしもご依頼いただく必要はございません。
  • お問い合わせ頂いた後、1営業日以内に返信いたします。
  • 行政書士は行政書士法により守秘義務が課せられています。

お名前(必須)

例)大谷寛

メールアドレス(必須)

例)○○○@certification.jp

※メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

確認用メールアドレス(必須)

例)○○○@certification.jp

※メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

電話番号(携帯も可)(任意)

例)050-5532-9996

所在地・住所(任意)

※書類のご返送先の住所をご記載ください。

お問い合わせ内容(必須)



※書類の提出先の国名、団体・機関・企業名、利用目的、認証を取得する書類名、書類の通数は必ずご記載ください。



公文書の英語翻訳(英訳)の見本・例

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

このページの先頭へ