公文書・私文書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館の領事認証の申請

アポスティーユ申請代行センターでは公文書・私文書への外務省のアポスティーユまたは駐日大使館の領事認証の取得代行をしています。下記に弊所でよくご依頼をいただく文書についての認証・証明の説明を記載しています。

パスポートのコピー(写し)のアポスティーユ・駐日大使館領事認証

パスポートは外務省は外務省が発行する公文書ですが、パスポート自体にアポスティーユや公印確認を取得することはできません。

パスポートのコピー(写し)に、本人の真正なパスポートのコピーである旨を記載した宣言書を添付して認証を取得する必要があります。

ハーグ条約加盟国へ提出する場合は公証役場で公証人の認証と法務局長の公証人押印証明、外務省のアポスティーユ、ハーグ条約非加盟国へ提出する場合は公証役場で公証人の認証と法務局長の公証人押印証明、外務省の公印確認を取得した後、駐日大使館の領事認証を取得する必要ががあります。

パスポートのコピー(写し)のアポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

戸籍謄本(全部事項証明)の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

戸籍謄本は本籍のある自治体で発行される、戸籍に記載されている全員の身分事項を証明する公文書です。

戸籍謄本の原本に認証を取得してハーグ条約加盟国へ提出する場合は外務省でアポスティーユ、ハーグ条約非加盟国へ提出する場合は外務省の公印確認を取得した後、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

翻訳を添付して認証を取得する場合、公証役場で公証人の認証、法務局長の公証人押印証明を取得した後、ハーグ条約加盟国へ提出する場合は外務省でアポスティーユ、ハーグ条約非加盟国へ提出する場合は外務省の公印確認を取得した後、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

戸籍謄本(全部事項証明)の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


戸籍抄本(個人事項証明)の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

戸籍抄本は本籍のある自治体で発行される、戸籍に記載されている一部の個人の身分事項を証明する公文書です。

戸籍抄本の原本に認証を取得してハーグ条約加盟国へ提出する場合は外務省でアポスティーユ、ハーグ条約非加盟国へ提出する場合は外務省の公印確認を取得した後、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

翻訳を添付して認証を取得する場合、公証役場で公証人の認証、法務局長の公証人押印証明を取得した後、ハーグ条約加盟国へ提出する場合は外務省でアポスティーユ、ハーグ条約非加盟国へ提出する場合は外務省の公印確認を取得した後、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

戸籍抄本(個人事項証明)の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


履歴事項全部証明書(登記簿謄本)の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

履歴事項全部証明書は法務省で発行される、会社の現在の登記事項と過去の抹消された登記事項が記載された公文書です。

履歴事項全部証明書の原本に認証を取得してハーグ条約加盟国へ提出する場合は外務省でアポスティーユ、ハーグ条約非加盟国へ提出する場合は外務省の公印確認を取得した後、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

翻訳を添付して認証を取得する場合、公証役場で公証人の認証、法務局長の公証人押印証明を取得した後、ハーグ条約加盟国へ提出する場合は外務省でアポスティーユ、ハーグ条約非加盟国へ提出する場合は外務省の公印確認を取得した後、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

履歴事項全部証明書(登記簿謄本)の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


履歴事項一部証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

履歴事項全部証明書は法務省で発行される、会社の現在の登記事項と過去の抹消された登記事項の一部が記載された公文書です。履歴事項のうち、申請人が指定した箇所の事項のみが証明されるものです。商号及び会社状態については、指定の有無に関わらず表記されます。

履歴事項一部証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

履歴事項一部証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


現在事項全部証明書(登記簿謄本)の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

現在事項全部証明書は法務省で発行される、現在の会社の登記事項が記載された公文書です。

現在事項全部証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

現在事項全部証明書(登記簿謄本)の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


現在事項一部証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

現在事項一部証明書は法務省で発行される、現在の会社の登記事項の一部が記載された公文書です。現在事項のうち、申請人が指定した箇所の事項のみが証明されるものです。商号及び会社状態については、指定の有無に関わらず表記されます。

現在事項一部証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

現在事項一部証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


代表者事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

代表者事項証明書は法務省が発行する、会社の代表者の代表権に関する登記事項を証明する公文書です。

代表者事項証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

代表者事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


閉鎖事項全部証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

閉鎖事項全部証明書は法務省が発行する、閉鎖した会社の登記記録に記載されている全ての登記事項を証明する公文書です。

閉鎖事項全部証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

閉鎖事項全部証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


閉鎖事項一部証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

閉鎖事項全部証明書は法務省が発行する、閉鎖した会社の登記記録に記載されている全ての登記事項を証明する公文書です。閉鎖事項のうち、申請人が指定した箇所の事項が証明されるものです

閉鎖事項一部証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

閉鎖事項一部証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


住民票の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

住民票は住民登録のある自治体で交付される住所を証明する為の公文書です。

住民票の写しに公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

住民票の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証の申請代行

 

大学の卒業証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

大学の卒業証明書は大学において必要な課程を修了し、卒業したことを証明する為の文書です。

国公立大学法人、私立大学法人に所属している大学の卒業証明書の場合、ハーグ条約加盟国であれば公証役場で公証人の認証を受けた後、外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

大学の卒業証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

大学の成績証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

大学の成績証明書は大学で履修した各教科の成績や修得単位数を証明する為の文書です。

国公立大学法人、私立大学法人に所属している大学の成績証明書の場合、ハーグ条約加盟国であれば公証役場で公証人の認証を受けた後、外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

大学の成績証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

専門学校の卒業証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

専門学校の卒業証明書は専門学校において必要な課程を修了し、卒業したことを証明する為の文書です。

専門学校の卒業証明書の場合、ハーグ条約加盟国であれば公証役場で公証人の認証を受けた後、外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば公証役場で公証人の認証を受けた後、外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

専門学校の卒業証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

警察証明書・犯罪経歴証明書・無犯罪証明書の外務省アポスティーユ・駐日大使館領事認証

警察証明書(犯罪経歴証明書)とは、その人物に有罪が確定した経歴が無いことを証明する為の公文書です。

警察証明書・犯罪経歴証明書・無犯罪証明書にハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

警察証明書・犯罪経歴証明書・無犯罪証明書の外務省アポスティーユ・駐日大使館領事認証



委任状・Power of Attorneyのアポスティーユ・駐日大使館領事認証

委任状は現地の手続きを第三者に委任するという内容を記載し、署名をしてある私文書です。

委任状に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

委任状・Power of Attorneyのアポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

出生届受理証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

出生届受理証明書とは、役所が出生届を受理したことを証明する為の公文書です。

出生届受理証明書にハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

出生届受理証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

婚姻届受理証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

婚姻届受理証明書とは役所が婚姻届を受理したことを証明する為の公文書です。

婚姻届受理証明書にハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

婚姻届受理証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

離婚届受理証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

離婚届受理証明書とは、役所が離婚届を受理したことを証明する為の公文書です。

離婚届受理証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

離婚届受理証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

婚姻要件具備証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

婚姻要件具備証明書とは、法務局または本籍のある自治体で発行される婚姻の成立要件を充足していることを証明する為の公文書です。

婚姻要件具備証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

婚姻要件具備証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

健康診断証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

国公立病院、赤十字病院が発行する健康診断証明書は外務省で直接、アポスティーユや公印確認を取得することができます。

独立行政法人国立病院機構○○病院、国立大学法人○○大学附属病院が発行する健康診断証明書は外務省で直接アポスティーユは取得することは出来ませんが、公印確認は取得することができます。それ以外の私立病院が発行する健康診断証明書は外務省で直接アポスティーユ、公印確認を取得することが出来ません。

私立病院が発行する健康診断証明書はハーグ条約加盟国へ提出する場合は公証役場で公証人の認証、アポスティーユ、ハーグ条約非加盟国へ提出する場合は公証役場で公証人の認証、外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

健康診断証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

 

年金証書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

年金証書は本来大切に保管をしなくてはいけない書類ですので、ご提出先に年金証書のコピーの提出で問題がないかのご確認をされることをおすすめしております。

どうしても原本にアポスティーユが必要だという場合には外務省のアポスティーユ、公印確認を取得することは可能ですが、年金証書のコピーにアポスティーユや駐日大使館の領事認証を取得する場合は、私文書の認証になりますので、事前に公証役場で公証人の認証が必要になります。

年金証書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


会社定款の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

定款は会社設立時に作成をする会社の組織や運営についての根本規則を記してある私文書です。

定款のコピーに公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

会社定款の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


運転免許証の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

運転免許証は各都道府県の公安委員会・警察署が発行する運転が許可されていることを示す為の公文書です。

運転免許証の写し(コピー)に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

運転免許証の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


非課税(所得)証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

非課税(所得)証明書は自治体で発行される所得を証明する為・住民税が課せられていないことを証明する為の公文書です。

非課税(所得)証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

非課税(所得)証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


確定申告書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

確定申告書は公文書です。

確定申告書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

確定申告書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


印鑑証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

印鑑証明書は自治体で登録された印鑑・実印が真正であることを証明する為の公文書です。

印鑑証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

印鑑証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


出生届記載事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

出生届記載事項証明書は出生時に役所に提出する届出の記載内容を証明する為の公文書です。

出生届記載事項証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

出生届記載事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


婚姻届記載事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

婚姻届記載事項証明書とは婚姻時に役所に提出する届出の記載内容を証明する為の公文書です。

婚姻届記載事項証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

婚姻届記載事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


離婚届記載事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

離婚届記載事項証明書とは離婚時に役所に提出する届出の記載内容を証明する為の公文書です。

離婚届記載事項証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

離婚届記載事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


死亡届記載事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証

死亡届記載事項証明書とは死亡時に役所に提出する届出の記載内容を証明する為の公文書です。

死亡届記載事項証明書に公証役場で認証を受けた後、ハーグ条約加盟国であれば外務省でアポスティーユの申請、ハーグ条約に非加盟国であれば外務省の公印確認、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

死亡届記載事項証明書の翻訳・アポスティーユ・駐日大使館領事認証


農林水産省が発行する自由販売証明書のアポスティーユ・駐日大使館領事認証

農林水産省が発行する自由販売証明書とは日本で製造され、国内で流通している飼料、ペットフード、飼料添加物を海外に輸出する際に日本国内で問題なく流通していることを証明する文書のことです。

書類の提出先がハーグ条約加盟国の場合は外務省のアポスティーユ、ハーグ条約加盟国であれば外務省で公印確認を取得した後、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

農林水産省発行の自由販売証明書のアポスティーユ・駐日大使館領事認証



厚生労働省が発行する自由販売証明書のアポスティーユ・駐日大使館領事認証

厚生労働省が発行する自由販売証明書とは日本国内で製造、販売されている食品を海外に輸出する際に日本国内で問題なく流通していることを証明する文書のことです。

書類の提出先がハーグ条約加盟国の場合は外務省のアポスティーユ、ハーグ条約加盟国であれば外務省で公印確認を取得した後、駐日大使館の領事認証を取得する必要があります。

厚生労働省発行の自由販売証明書のアポスティーユ・駐日大使館領事認証



商工会議所が発行する原産地証明書のアポスティーユ・駐日大使館領事認証・領事査証

原産地証明書とは商工会議所が発行する書類で、貨物の原産地の国籍を証明する書類のことです。

書類の提出先がハーグ条約加盟国の場合は原産地証明書に公証役場で公証人の認証・法務局長の公証人押印証明・外務省のアポスティーユ、ハーグ条約加盟国であれば商工会議所で肉筆証明を取得した後、駐日大使館の領事認証・領事査証を取得する必要があります。

商工会議所が発行する原産地証明書のアポスティーユ・駐日大使館領事認証・領事査証

※このページが参考になったと思ったら共有してください。

サブコンテンツ

アポスティーユ・駐日大使館の領事認証が必要となる書類

※認証が必要となる文書の代表的なものを掲載しています。

パスポートのコピー(写し)、戸籍謄本(全部事項証明書)、戸籍抄本(個人事項証明書)、出生届受理証明書、婚姻届受理証明書、離婚届受理証明書、婚姻要件具備証明書、婚姻届記載事項証明書、出生届記載事項証明書、住民票、健康診断書、警察証明書(無犯罪証明書・犯罪経歴証明書)、卒業証明書、成績証明書、委任状、授権委託書、Power of Attorney(POA)、Special Power of Attorney(SPA)、Authorization Letter、譲渡承諾書、登記簿謄本(履歴事項全部証明書、現在事項全部証明書)、会社定款の写し、取締役会議事録、年金証書、独身証明書、納税証明書、会社役員就任承諾書、履歴書、在籍証明書、各種契約書

アポスティーユ申請代行センターのサービス提供地域

※アポスティーユ申請代行センターでは下記、海外、日本全国の中小企業、団体、個人のお客様の外務省のアポスティーユ・公印確認。在東京の駐日大使館の領事認証のお手伝いをさせていただいております。お気軽にご相談ください。

海外、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

このページの先頭へ